other
  1. ホーム
  2. ハイドロキノン

ハイドロキノン

ハイドロキノンとは

日本の美白用化粧品ではビタミンC誘導体やコウジ酸、プラセンタなどの成分が有名ですが、欧米ではハイドロキノンが主流です。
しみの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きがあり、「肌の漂白剤」とも言われています。
日本の医院やクリニックでは、従来からしみ・そばかすなどの治療でハイドロキノンクリームを使用しています。

このような方にオススメ!!

    <ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類>

  • 日光性色素斑(老人性色素斑)
  • そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)
  • 肝斑(かんぱん)
  • 炎症後色素沈着(ニキビ跡、傷跡)

ロジエクリニックのハイドロキノン

  • 詳しいカウンセリング
  • ハイドロキノンは、皮膚の表面にできてしまったシミには効果がありますが、肌の奥深くに及んだ色素沈着には効果が期待できません。しっかりしたカウンセリングで判断いたします。

  • 美白効果も期待できます

併用するとより効果的な施術

①トレチノイン

トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体です。微量ですが人間の血液中にも流れており、アレルギー反応がないのが特徴です。
しみ・そばかす・にきび跡の治療で、ハイドロキノンにトレチノインを併用すると、更に短い時間での効果が期待できます。

②ケミカルピーリング

ハイドロキノンによる美白効果とケミカルピーリングによる肌の再生も非常に効果的です。

治療回数と間隔

施術回数3回、施術間隔は塗布から1.5カ月後

 

PAGE TOP