other
  1. ホーム
  2. ケミカルピーリング

肌トラブルを改善! ケミカルピーリング ニキビ・ニキビ跡 毛穴 シミ・くすみ 肝斑 しわ・たるみ 肌質改善

ケミカルピーリングとは?

新陳代謝促進&古い角質除去でニキビを改善!
若々しくハリのある、ワントーン明るい健康肌に!

ターンオーバーや新陳代謝の乱れにより生じたザラつきや小じわ・くすみ・ニキビ・毛穴の開き・脂漏性皮膚などの症状を除去・または改善します。ターンオーバーのサイクルを整え、毛穴の汚れを除去して引き締め、肌トラブルを解消。
繰り返し治療を受けることで、皮脂の分泌をコントロールしてニキビが出来にくい健康的な肌に導きます。

また、不要な角質を剥がれやすくし、新陳代謝を活発にすることで、くすみが取れて美白効果も期待できます。肌のキメを整えて毛穴のたるみを改善し、ハリのある若々しくて美しい肌に。

患者様の症状にもよりますが、最初は1週間に1回を3~4回、その後は月に1回のペースで治療すると効果的です。

こんな方におすすめ

  • ニキビ・ニキビ跡を改善したい方
  • 毛穴の開き・ザラつきを改善したい方
  • シミ・くすみ・肝斑が気になる方
  • 肌質を改善したい方
  • 年齢による毛穴のたるみ(帯状毛穴)

お悩みにあわせたケミカルピーリング以外の“シミ・そばかす・肝斑(カンパン)治療”も行っております。 シミ・そばかす・肝斑(カンパン)

ターンオーバーと肌トラブルの関係

ターンオーバーの乱れが肌トラブルの原因に!
肌細胞の再生サイクルを整えて、健康で美しい肌に。

ターンオーバーとは

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことです。表皮の最初の細胞は、基底層で新しい細胞が作られ、性質や構造を変えながら有棘層・顆粒層へと押し上げられて角質層(皮膚表皮)へたどり着き、最後は角片(アカ)となってはがれ落ちます。
シミの原因であるメラニンも、ターンオーバーによって肌細胞と共に押し上げられ、排出されます。
夏に日焼けして肌の色が黒くなっても冬には元に戻るのは、メラニン色素もターンオーバーによって脱落するからなのです。
体内の細胞にある一定のサイクルで新しいものに取り替えられていて、この肌のターンオーバーサイクルは、健康な方は28日周期で繰り返されます。

肌トラブルの原因

健康な肌は新陳代謝が活発なので、肌の再生サイクル(ターンオーバー/新新陳代謝)が正常に繰り返されています。しかし、この新陳代謝やターンオーバーは日常生活の様々な要因によって乱れ、肌トラブルへと繋がります。

日常生活における肌トラブルの主な要因はとしては、紫外線・ストレス・睡眠不足・飲酒・喫煙・栄養摂取のバランス等が挙げられます。
このような要因が重なる事で、新陳代謝は鈍くなり、ターンオーバーが正常に行われず、肌には不要な古い角質がどんどん蓄積されていきます。その結果、肌に潤いがなくなり、ザラつきや小じわ・くすみ・ニキビの原因になります。
ターンオーバーが乱れ、古い角質の剥離機能が低下すると、老化した角質が蓄積して、新しい細胞の誕生を妨げる事につながります。

ケミカルピーリングは、このターンオーバーのサイクルを整えて正常化し、古い角質を溜め込まず、新しい細胞の成長を促進することで、健康的な素肌に導きます。

ターンオーバーのしくみ

28日周期 基底層で細胞が生まれる 細胞が変形・分裂して表皮へ押しあがる 古い角質がはがれ落ちる

ロジエクリニックのケミカルピーリング

当院のケミカルピーリングは、お1人お1人に合わせたオーダーメイドのピーリングです。
経験を積んだ医師が、患者様のお肌状態に合ったピーリング剤の種類や濃度・塗布時間を見極め、安全性と効果を重視したケミカルピーリングを行っております。

ニキビ・ニキビ跡が特に気になる方には、当院特有のダブルピーリングがおすすめです。乳酸とグリコール酸を併用したケミカルピーリングで、さらに深くアプローチして肌細胞の生まれ変わりを促し、健康な肌をよみがえらせます。

患者様によってお悩みはそれぞれ違います。当院では、お1人お1人のお悩みやご要望に沿った、ロジエクリニックならではのオーダーメイドの美容治療を行っております。

ロジエクリニックが選ばれる理由

“オーダーメイド”のケミカルピーリング

当院では、経験の積んだ医師が患者様のお肌状態に合ったピーリング剤の種類・濃度・塗布時間を適切に見極める、お1人お1人に合った“オーダーメイド”のピーリングをご提案しています。
高い安全性と効果を重視したケミカルピーリングで、様々な肌トラブルのお悩みを解消します。

豊富な経験による高い医療技術

当院院長は、美容外科・美容皮膚科を経て、大手美容皮膚科院長を歴任し、合計約3万症例の経験を積む美容皮膚科医です。最善且つ適切な治療法をご提案いたします。

ダブルケミカルピーリングで美白効果アップ!

乳酸とグリコール酸を併用したダブルケミカルピーリングは、お顔はもちろん、ボディのニキビ・ニキビ跡やザラつきにも効果が期待できます。不要な角質を取り除き、健康な肌へ導くとともに、肌のキメを整えて美白にも働きかけます。

併用するとより効果的な施術

エレクトロポレーション

レーザー照射後のクーリング&アフターケアに最適な経皮吸収装置です。
角質層をケミカルピーリングしてからエレクトロポレーションでビタミン剤を導入することで、薬剤の浸透が容易になり、ビタミン剤を集中的に導入することが出来る相乗効果があります。
成分のお肌への浸透率は、従来のイオン導入の20倍の効果があると言われています。

エレクトロポレーションの施術詳細はこちら

内服薬・外用薬

ご自宅での内服・外用などのホームケアも同時に行うとより効果的です。

【ニキビ治療 】
ニキビ治療に対してはケミカルピーリングのみだけでなく、お肌の状態に合わせて抗アレルギー剤、抗炎症剤、ホルモン剤などの内服薬、ステロイド剤や保湿剤などの外用薬、ケミカルピーリング石けんやローションなどのホームケアの併用により劇的な効果を得られます。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

施術の流れ

step 1

カウンセリング

しっかりとカウンセリングを行って、施術の流れや施術後の仕上り、アフターケアなど、細かく説明します。わからないことがあれば、何でもご質問してください。

step 2

洗顔

ケミカルピーリング剤がしっかり浸透するように、乾燥してキメの粗くなった古い角質を優しく洗い落とし、毛穴を清潔にします。

step 3

ケミカルピーリング剤塗布

お肌に合った種類と濃度のケミカルピーリング剤を素早くお顔全体に塗布します。必要に応じてダブルケミカルピーリングを行います。

step 4

拭き取り

優しくケミカルピーリング剤を拭き取って行きます。

step 5

中和

数分静置後、発赤が見られた時点で中和剤を用いて中和します。

step 6

拭き取り

優しく中和剤を拭き取って行きます。

step 7

クーリング

発赤・熱感などの鎮静化を測るため、クーリングします。
(エレクトロポレーション導入ご希望の方はこの段階で行います。薬剤はお肌に応じてお選び頂けます)

step 8

施術終了

パウダールームにて日焼け止めクリームを塗布しお化粧してご帰宅できます。

施術後のご注意点

施術後はメイクしてお帰りいただけます。
治療後は大変、日焼けしやすくなりますので日中は日焼け止めを塗布して下さい。
照射後はお肌が乾燥しやすくなりますので、保湿を充分に行ってください。

Q&A 良くある質問

敏感肌なのですが、ピーリングしても大丈夫ですか?
当院では患者様のお肌の状態に合わせて、ピーリングの種類や濃度、塗布時間を調整しております。敏感肌の方でも受けられるピーリングもございますので、まずは1度ご相談ください。
治療中ヒリヒリしたり、治療後に赤みが出て人前に出られない、ということはありますか?
ピーリングを塗布すると、ピリピリとむず痒いような痛みを感じることがありますが、お肌の状態に合わせて薬剤を調節いたしますので、痛みと言うほどの痛みはございません。
また、ピーリング後はしっかりとクーリングを行いますので、人前に出られないような赤みが出ることはありません。
初めての方や肌の弱い方は、ピーリングの濃度を低めにして治療いたしますのでご安心ください。
ピーリングでどんな肌トラブルが解消されますか?
ニキビやニキビ跡、毛穴の開きや毛穴のたるみ、シミくすみ肝斑、小じわ、肌のザラつきなどの肌トラブルに有効です。古い角質を除去して肌のターンオーバーを促進することで、美白・肌質改善効果も期待できます。
背中のニキビで悩んでいます。顔以外もピーリングできますか?
お顔以外にもボディのケミカルピーリングも行っております。背中のニキビやザラつきを改善します。

その他 シミ・美肌治療

エレクトロポレーション

お肌の若返り・アンチエイジングに

有効成分を肌奥まで浸透させて、ハリ・透明感のある肌に導きます。

エレクトロポレーション

  • シミ・くすみ
  • 肝斑
  • 若返り
  • ニキビ
  • 毛穴
  • アンチエイジング

レーザートーニング

肝斑・シミを改善!

有効成分を肌奥まで浸透させて、ハリ・透明感のある肌に導きます。

レーザートーニング

  • 肝斑
  • シミ・くすみ
  • そばかす
  • ニキビ・ニキビ跡
  • 毛穴

次の方はお受けになれません

  • 妊娠中または授乳中の方
  • 施術部位にヘルペスや皮膚炎等の疾患がある方
  • ケロイド体質の方
  • 免疫不全、感染症、悪性腫瘍、出血性疾患、心臓疾患の方
  • 紫外線防止出来ない方
  • アトピー性皮膚炎の症状が強く出ている方
  • 強い日焼けをしている方
  • レチノイン酸の内服・外用中の方

その他、基礎疾患、特質な体質をお持ちの方、内服中の薬がある方は治療前にご相談下さい。

PAGE TOP